ブログ | 沖縄でリバートレッキングならスピッツ

電話からのお問合せはこちら メールからのお問合せはこちら

スタッフブログ

スタッフブログメイン

梅雨でも晴れました。太陽、最高です!!
2014年5月21日(水)

滝の水量も多いです

滝の水量も多いです



梅雨の中休みなのか、素晴らしく晴れ渡った青空の下、リバートレッキングに行ってきました。

こんな日に予約していたお客様は最高の晴れ男、晴れ女に違いない。

 

前日の夕方にまとまった雨が降ったものの、夜から明け方にかけては降らなかったので、川の水位も低い状態で、透明度も良く、気持ちのいいトレッキングになりました。

 

ただそうはいっても、滝壺の水の量は去年よりも多くて、滝の中に入ると、その水量の怒涛の勢いにみんなが楽しげな歓声をあげます。

めっちゃ楽しそう!!

めっちゃ楽しそう!!



滝の水が落ちてくる場所にはちょっとした座れるスペースもあり・・・、普段なら落ちてくる水をよけられるのですが、今の水量では・・・、まったくよけられません・・・。

でも、ズブ濡れになって当たり前なのがスピッツのリバートレッキングなので、みんな楽しそうに濡れまくりです。

飛び込んだり、魚を探したり、エビに翻弄されたり・・・、川遊びは楽しいですねー。

雨が止むと、暖かくなってきたので、いろんな昆虫、トンボ、蝶々が見られます。

今日はツユムシに出会えました。

ツユムシ

ツユムシ



目がちょこんと作り物みたいに動いていて、赤い触覚がおしゃれ。

トレッキング中にも虫がいたら足を止めて観察していますので、虫好きの人はいろんな虫を探してみてください。

 

反対に虫が苦手な人は遠巻きにしていてもらって構いませんので、ご心配なく。間違っても、肩に乗せたりしませんから・・・。

 

しばらく晴天が続きそうな週間天気予報になっていますが、梅雨時の週間天気予報ほど当てにならないものはないので、晴れたその日に感謝して、トレッキングしていきましようね。

スピッツのリバートレッキングにご予約していただいている皆さん、晴れますように!!

リバートレッキング中止時の川の様子
2014年5月15日(木)

梅雨が続く沖縄です。降水量もどんどん増えています。たまに晴れ間が見える時もありますが、それも快晴・・・という感じではなくて、雲の切れ目から日が差している・・・って感じです。

7:00の川の様子

7:00の川の様子



 

 

夜に雨がたくさん降るような時は、早朝から川の水位のチェックに行ってます。 この上の写真が7時頃の川の水位です。ちょうど水がある場所に目印として枯木を差しました。

 

 

 

7時半ごろの川

7時半ごろの川



 

 

30分間で枯れ木が隠れるようになってしまいました。しかも雨は降り続いているし。この日は中止せざるをえないと判断し、お客様に電話でお伝えしました。

 

 

 

 

八時頃の川の水位

八時頃の川の水位



 

その後、さらに30分。枯れ木はかなりの部分が水に浸かってしまいました。 いつもは砂が露出している土手もほほとんどが水で覆われています。       当然、川全体の水かさが増えているので、周囲の景観も変わっています。普段はコンクリートで作られた橋のような場所も川の水がその上を流れているので隠されて見ることはできなくなっています。

コンクリート部分を乗り越えて流れてます

コンクリート部分を乗り越えて流れてます



 

 

増水時の川は本当に水の勢いが強くて、無理をしてはいけないなーと肝に銘じ、ツアーを開催していきたいと思います。 開催できない状態の川もちゃんと見て、経験値向上に努め、事故のないリバートレッキングを目指しております。 みんな、梅雨で雨降りばっかりでも、安心して遊びにきてね。

梅雨時のリバートレッキングについて
2014年5月12日(月)

梅雨の川です

梅雨の川です



GWの後半から沖縄本島は約一ヶ月間の梅雨に入りました。

ここんとこずっと雨降りの天気が続いています。

風が強くても、波が高くても、楽しめるのがリバートレッキングの良いところなのですが、豪雨には泣かされます。

川の水位が上昇してしまうからです。増水による事故は絶対に起こしたくないので、無理はせずに催行しております。この日は8時半集合のツアーだったのですが、店を出たのは6時頃。7時過ぎには川に到着し、前夜に降った降水量を思いながら、川の水位を見ていました。写真手前に枯れ木が砂に刺してあります。あの刺してあった場所まで水があったのが、7時15分ぐらいです。そこからみるみる下がっていってトレッキング終了時の11時半頃には写真のような水位になっていました。

開始前に、水位が下がっているということがちゃんとわかっていることはとても大切です。ガイドする方も安心感が違いますからね。増水中の川かどうかを見極めたいものです。

流されて川下り中

流されて川下り中



普段の川よりも安全な範囲で増水しているということは、水が豊富にあり、深い場所がたくさんある・・・ということです。

こーいう時の楽しみ方は浮いたままで川を下ってくる川下りです。

歩いて山を下りるよりも楽だし、流されていく感覚が楽しくて、大人の人も楽しそうに流されていきます。

段差で水のすべり台

段差で水のすべり台



ちょっとした段差を流れる水量も多いので、背中を水に押され、流れるプールのウォータースライダーみたいになっています。

この左の写真の場所、立てば水深は膝ぐらいのところなんですが、水の勢いが強いので、押されて流されてしまいます(もちろん立ってられないほど強い流れではありません)。

梅雨時で雨が多いからといって、川の状態を検討せずに中止にするんじゃなくて、ちゃんと川の状態を見極めた上で、その時のコンディションをうまく利用して楽しんでいるのがスピッツ流のリバートレッキングです。

からりとした晴れ間はなくても、みなさん楽しそうに川で遊ばれています。

梅雨で・・・、参加をどうしようか検討されている、そこのあなた!!

ぜひご参加くださいませ。川の状態により中止になることもあるかもしれませんが、しっかり見定めて、できるだけ催行させていただいております。

よろしくお願いいたします。

日毎に夏めいて・・・
2014年4月14日(月)

日毎に夏めいてきました

日毎に夏めいてきました



暦が4月になり、春休みの家族連れのお客様が帰られると、トレッキングのお客様もまた足が止まりつつあります。

毎年この時期はGWまでしばし休憩・・・って感じのスケジュールが多くなります。

 

でも・・・、日差しはどんどん春めいて・・・・というか夏めいて・・・、ヒカゲヘゴから木漏れ落ちる色彩が夏のように色濃くなってきましたよー。

恒例、滝つぼジャンプ

恒例、滝つぼジャンプ



お客様のジャンプも全身で楽しんじゃってますね〜。

気温がコンスタントに25℃を超えてきた昨今でも、革の水温はまだまだ低め。

滝で心ゆくまで遊ぶためにはウエットスーツはマストアイテムです。

滝つぼまではあんまり濡れないように歩きますが、一旦濡れちゃえば、もう全然寒くな〜い。それはウェットスーツがそーいうスーツだからです。

ウエットスーツが温かいのは、スーツと肌の間に入った水があんまり入れ替わらないので温かいのであって、ごそごそのスーツだと保温効果はそんなにありません。だからトレッキングするからといって、ゆるゆるのスーツにすると、滝つぼで寒くなっちゃいます。

スピッツではできるだけ楽に着れるけれど、そんなにゆるゆるじゃない・・・っていう微妙な感じの着心地になるようにスーツを見立ててお持ちしていますので、きっとそんなに寒くなく楽しめるはずです。

滝つぼターザン

滝つぼターザン



今年は天然のブランコがほとんどなくて、少し物足りない感じは否めないのですが、滝つぼのターザンロープはまだ切れずに存在しております。

これもいつまでもつかわかりませんが、楽しめる限りは楽しんでいきたいと思います。

綺麗な写真を撮ってあげたいので、ぜひカメラ目線でポーズなんか決めちゃったりしてみてください。

ちなみに水温は約18℃。これからメキメキ上昇していくと思われますので、どしどし申し込んでくださいね。

天候によって川の水温がかなり左右されるのが最近わかってきたので、晴天が続くようなときに参加していただけると温かくなった川の水を楽しめるかもしれませんね〜。

川の水温18℃

川の水温18℃



ぜひ、沖縄の川も楽しんで下さいませ。沖縄は海だけじゃないんだなーというのがとてもよくわかってもらえると思います。

スピッツのリバートレッキングをよろしくお願いいたします。

川の生物が増えてきましたよ〜
2014年4月06日(日)

テナガエビ

テナガエビ



そろそろ冬も終わりかな・・・という天気が続いている沖縄本島です。

冬の間、昆虫たちが山から少なくなるように、川の中でも魚やエビ達が少なくなります。

が、そんな状態もそろそろ終わりが見えてきました。

魚もエビも増えてきましたよー。

スピッツのリバートレッキングではいつでも手網持参、無料レンタル。もちろんリュックには虫かご水槽も入っているので、網ですくった魚やエビを水槽に入れて簡単に観察することができます。もちろん観察したあとはすぐに元の場所にリリースさせていただいております。

子供に受けるかな・・・とはじめたサービスでしたが、大人にも大好評。むしろ夢中になるのはお父さんたち。子供の頃、ザリガニ取りに夢中になった、川で魚を追いかけた記憶が蘇るのでしょうか?

これからどんどん川の水温も高くなって、遊びやすくなるので、どしどし遊びに来てくださいねー。

 

 

 

 

ポカポカ陽気で水温上昇
2014年3月22日(土)

ポカポカ

ポカポカ



昨日から再び冷え込んでいる日本列島ですが、その前の数日はポカポカと暖かくて、沖縄は春から初夏? って感じの陽気でした。

川の水は気候とダイレクトにつながっているようで、数日間の晴れ間に水温が上昇。14度から15度をウロウロしていた川の水温があっという間に17度台まで上昇していました。

そのおかげで、全然寒くありません。ウエットスーツを着用しているってこともあるのですが、川にぼぉーっとつかっていても十分リラックスできます。

晴れ間にジャンプ

晴れ間にジャンプ



ジャンプするのだって、勢いが違いますぜ!!

太陽を味方につけて、高く高く、みなさん素晴らしいジャンプを決めてくれています。

昨日降った雨がどのように水温に影響しているか・・・、また明日の川の様子をチェックしてきましょうね。

このまま水温が低下しなければいいのにな〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本部、紀の川食堂
2014年3月15日(土)

紀の川

紀の川



今日は食べ物処ろの紹介を。

一昔前は知る人ぞ知る・・・という感じだった、このお店も今では観光ガイドブックに載ってしまって、たくさんのレンタカーが集まるようになってしまいました。

が、味は変わらず美味しいです。

場所は水族館の近くの本部という町。

瀬底島にかかる瀬底大橋のたもとから山側に伸びる細い道路を走り上がっていただくと看板が出てきます。

こんな場所に本当にあるのだろうか? という疑問が出てくると思いますが、あると信じて走ってください。

店内は畳とカウンターだけで、6組ほどのお客さんでいっぱいになります。

メニューは豊富で、私の大好きなのは唐揚げ定食。

唐揚げ定食

唐揚げ定食



 

さく、ぱりっ、じゅわー。

唐揚げの醍醐味が堪能できます。

どのメニューを食べても美味しいですから、外す心配がありません。

午前にリバートレッキングをして、午後から水族館方面に行かれるお客様にはおすすめしたい食堂ですが、トレッキング終わりで向かうにはちと遠いですかね。

ここまでお腹がもたないかもしれません。

でも、ぜひ食べてもらいたい食堂のひとつです。

役場の清掃の結果が・・・
2014年3月10日(月)

すっきり・・・

すっきり・・・



夏前にこの滝の周辺は役場の人が草刈をしてくれて周辺道路もすごく綺麗になります。いつもありがたいなーと思っていたのだが、今年の掃除はより完璧に近づけようと思ったのか、川の中にまで手が入りまして・・・、いろいろな木々までも伐採されてしまいました。

去年までは滝に到着すると画面左側に大きな木がせり出していたのですが、もうありません。

切り株の色が初々しい

切り株の色が初々しい



こんな白い切り株が残されているだけです。この木を切り取る意味はあったのだろうか? 増水に流されそうなほど華奢には見えなかったし、下流の集落に悪影響を及ぼすとは考えられないけれどなー・・・。

机にどうぞ?

机にどうぞ?



切り株をよくよく見ると、なにやら書かれている。文字が消えかけていて読みにくいけれど、「〜にどうぞ」と書かれている。

たしかに椅子にも机にもなりうるような切り株だが、机にするために伐採されたのなら、本末転倒も甚だしい。腰を地面につけて座ればいいのであるし、机などなくても・・・、ないのが当たり前なのが自然の山の中である。

ぶら下がって遊んでいたイルカンダという木々も切られたものが多々ある。ショックを通り越して悲しすぎる。

観光立県の自覚があるなら、整備はもちろん大事です。しかし、そのやり方にもっと神経を使っていただきたい。そうじゃないと自然破壊と言われてもしかたない整備になってしまう。役場はもっと多方面から物事を捉えて行動をお越してほしいなー。

今年はロープを使ったブランコの設置を真剣に考えようと思います。

お客さんに楽しんでもらいたいからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月になって予約もぱらぱら
2014年3月06日(木)

かっこよく飛ぶ

かっこよく飛ぶ



2月は暇だった、お客様の出足も3月になって少しずつ戻ってきました。

先日は卒業旅行のお客様が男子ばかりでご来店。

卒業旅行かー。私は大学には行っていないので、経験したことがありませんが、学友との沖縄旅行なんて想像しただけでも楽しそうですもんね。

素晴らしい思い出作りのお手伝いをさせていただければ嬉しい限りです。

若さを活かした素晴らしいジャンプを披露してくれましたよ。

水温15.9℃

水温15.9℃



前日の夜分に雨が降っていたため、川の水温低下を危惧していましたが、昨日の水温は15.9℃。心配していたよりも下がっていませんでした。

この川の水温は冬だとだいたいこのあたりをウロウロしているのが常です。

えー・・・、15.9℃? 寒い・・・・。

と、思う方が多いと思いますが、ウェットスーツ着用で遊んでいますのでみんなそんなに寒く感じずに遊ばれています。この男性たちは、魚とりも長い時間川に入って、頑張っていましたよ。

もちろん寒いと感じる人は水から上がって滝をただ眺めている・・・・。それだけでもアリです。水しぶきを体全身に浴びることはとても爽快で気持ちいいですよ。海とはまったく別の開放感です。

高く、高くジャンプ

高く、高くジャンプ



春休みでこれから子供たちも増えてくるかもしれません。子供の方がどうしても早く寒さを感じてしまうので、頻繁に寒くないか声かけをするようにしています。

寒くなったら、どうするか?

歩くのです。トレッキングですから、歩くのが一番。すぐに身体がポカポカと温かくなります。

3月はぼちぼち予約を頂いております。参加しようかなーとお迷いのあなた!

ぜひなんでもご相談していただき、一緒に川を歩きましょう。

楽しいことこの上なしです。

よろしくお願いいたします。

※お知らせ※

2014/3/31から4/4まで帰省のため春季休業させていただきます。

4/5から営業再開させていただきますので、よろしくお願いいたします。

新たな滝を探して
2014年2月26日(水)

新しい滝を求めて

新しい滝を求めて



今日はいつもの滝ではなく・・・・、別の滝を求めてスタッフだけでトレッキングしてきました。集合場所からの所要時間を測ったり、周囲の植物群に目を凝らしたり、生物をチェックしたり・・・。

滝までは遊歩道が完備されているので、ワイルドなトレッキングではありませんが、ご年配の方には程よい道程かも。

滝壺にはいくつものターザンロープが垂れており、先人たちの滝遊びのほどが伺えますね。

ヒカゲヘゴの森

ヒカゲヘゴの森



周囲にはたくさんのヒカゲヘゴが見られ、緑のグラデーションは圧倒的です。

今までの滝とどっちが楽しいか・・・・と素直に考えたところ、やっぱり今までの滝の方が楽しいねーとスタッフみんなで納得。

新しい遊び場はそんなに簡単には見つかりませんけれど、諦めずにまた探したいと思います。

スピッツネイチャートレッキング

〒904-0417 沖縄県国頭郡恩納村真栄田2382

電話でのお問合せはこちらから

ショップ案内へ

集合場所

ター滝専用駐車場
国道58号線平南橋を山側に曲がり、ター滝に向かってください

集合場所詳細

集合場所