ター滝って雨でも楽しめるの? | 沖縄でリバートレッキングならスピッツ

電話からのお問合せはこちら メールからのお問合せはこちら

スタッフブログ

スタッフブログメイン

ター滝って雨でも楽しめるの?
2020年12月08日(火)

2020年もあと一か月を切り、コロナ騒動が始まって1年が経とうとしています。何も考えず世界中を旅できたあの頃に戻りたいですね。

 

沖縄本島でダイビング屋さんとリバートレッキング屋さんをやっているスピッツネイチャートレッキング、世古です。当ブログにお越しくださりありがとうございます。

 

12月になって雨が続いています。週間天気予報を見ても、雲と傘マークの羅列の毎日。爆発的な降水量はありませんが、しとしと雨が続いています。

 

ター滝でのリバートレッキングは雨降りでも楽しいのか?

 

そんな基本的な疑問に答えていくページです。

 

① ター滝は雨でも行けるの?

ター滝に行くには、平南川ター滝駐車場に車を停めなければなりません。そしてそこには管理事務所があります。気象状況を見ながら、大雨による増水が予想される場合は平南川ター滝駐車場が閉鎖されます。ここが閉鎖されるということは、ター滝に行けないということを意味しており、車を山道に路上駐車して徒歩で向かおうとしても、駐車場の管理人さんから「行かないでほしい」との説明を受けます。

 

また平南川ター滝駐車場では降雨がないとしても平南川の上流で大雨が降っている場合、当然駐車場は閉鎖されます。雨雲レーダーや各川に設けられている川の水量計などのデータをリアルタイムで見て総合的な判断が下され閉鎖の判断がされていますので、その判断に文句を言わないようにしましょう。

 

私の経験から判断して、雨が降っている場合でも、多くの場合は平南川ター滝駐車場は閉鎖されていません。頑張って開けていただいていると感じております。なので、私もお仕事ができるわけで、ギリギリまで開けていただいているという、今の状況にはとても感謝しております。

 

そんなわけで、今年の12月は雨降りが続いているんですが、ツアーは常時開催しております。コロナに不安を感じつつも沖縄に遊びに来られた皆様を100%応援するコロナ対策ツアーとして催行しております。

 

② なぜ、雨でも楽しめるのか?

 

12月で、雨降っている上に、川で滝遊びって……

間違いなく寒いでしょ?

 

って皆さんが思われていると思います。

 

降雨時のター滝はメリットとデメリットが表裏一体。

そのデメリットをスピッツの対策でカバーしていただければ、

それらがすべてメリットに昇華していきます。

 


 

デメリットその1⃣ 寒いんじゃない?

 

⇒ スピッツの対策、ウエットスーツの無料レンタル

 

もちろん川に入ったとき、最初は冷たいです。でもウエットスーツを着ているので、次第に慣れて寒くなくなります。寒さを心配されている方にはこちらの「冬のター滝ツアー、海よりもター滝がお勧めな4つの理由」記事が参考になります。

 

ウエットスーツ着用により、ガラガラのター滝をほぼ貸切で楽しむことができます!!

夏は混雑するター滝ですが、冬にはほとんど人が来ません。

来ても、みんな水着だけでは滝つぼで遊んだりできないので(水が冷たいから)、私たちが遊んでいるのを遠くから眺めているだけで、滝つぼ、滝下は遊び放題です。

どれだけガラガラなのか気になる人はこちらの「コロナの冬にター滝を勧める3つの理由」をどうぞ。

 

あと、参加者の声でよく聞くのは、「どうせ滝で濡れるから、雨降ってても、関係ないです!!」ってコメントです。

 

うんうん。確かにその通り。

 

1⃣の結果、ガラガラの空いたター滝で3密回避で遊べちゃう

 

 


デメリットその2⃣ 増水して危ない川になるんじゃない?

 

⇒ スピッツの対策、経験豊富なガイドによる道案内

 

長年ター滝でガイド活動をしているスピッツはもちろん何度も増水しているター滝に遭遇しております。その時の川の状況や逃げ道、回避ルートなど体得した情報を元に最良の判断でツアーを催行しております。大人だけのツアーの場合は、少し水が多いほうが絶対に楽しいと自負しております。そんな水量多めのター滝ツアーの記事を見たい方はこちらをご覧ください。

2月のお客様の声紹介(降雨で水量増加のター滝で遊ぶ)

 

もちろん危険な水量になるほどの降雨時はター滝駐車場が閉鎖されるのでツアーは中止になります。中止決定の手順は下記のようになります。

 

前日夕方、予約確認でスピッツから電話連絡……当日の天候状況が降雨の場合、参加されるかどうかの確認。キャンセルされてもキャンセル料は頂いておりません。

 

前夜、降雨がひどい場合、当日7時から7時半の間に再連絡。

 

ター滝駐車場が通常営業される場合、ツアー催行。様子を見ながら営業される場合は、素直にお客様に説明させていただきます。

 

「雨の降り方が見通せないので、現地に来ていただいても駐車場で中止の判断をせざるを得ない場合も出てきます。それでもいい方のみ参加お願いします。それは面倒くさいということでしたら、キャンセルされてもお金はいただきません。また明日以降の空いている日程に変更も可能です」

 

と、いう感じですね。

 

天候、雨量、川の水量、雨雲レーダー、ター滝管理事務所の方たちの意見などを参考に総合的な判断で催行、中止は決定させていただいております。

 

川遊びのプロなので事故は起こしたくありません。慎重に判断させていただきます。その結果、無事にツアーが開催できたら、とても楽しいものになります。

 

2⃣の結果 滝の迫力大幅アップ、帰路は流され楽ちんトレッキング

 

お客様の声

 

Mさんの場合

Mさん、お客様の声

Mさん、お客様の声

 

今年はそれぞれのお客様にフォトムービーを作って、ラインで無料でプレゼントしております。

するとその返信にお礼や感想をいただくことが増えたので、そちらから抜粋させていただきます。こちらに載せていも良いと了承を得て記事を作成しております。

 

 

Kさんの場合

Kさんの声

Kさんの声

 

こちらもラインからご返信いただきました。

 

自然のベンチがフォトスポット

自然のベンチがフォトスポット

 

ぜひ、冬の降雨時のリバートレッキング。

沖縄でのアクティビティーに考えてみてくださいね。

 

スピッツネイチャートレッキング

〒904-0417 沖縄県国頭郡恩納村真栄田2382

電話でのお問合せはこちらから

ショップ案内へ

集合場所

ター滝専用駐車場
国道58号線平南橋を山側に曲がり、ター滝に向かってください

集合場所詳細

集合場所